本文へスキップ

地域の皆様と文化の交流拠点 takikawa community center

困りごと相談窓口Annoyance consultation

困りごと相談窓口とは

 「困りごと相談窓口」は、名古屋市の「地域支えあい事業」の一環として、学区内で抱える様々な課題を地域住民自身で解決するため、各区の社会福祉協議会
が中心となり、市内50の学区で実施しています。
 滝川学区では平成23年度から滝川コミュニティセンターを拠点に実施しています。

 具体的には、滝川学区内にお住まいの高齢者や障害者の皆さんから、ふだんの生活
の中で困っていることなどの相談を受け付けるとともに、必要に応じて行政機関への
取り次ぎやボランティアへの依頼を行うなどして解決の道を探ります。

 この他、団塊の世代などのシルバー世代の方の力を活かしていくため、予め登録したボランティアが行う活動にたいしてポイントを付与するとともに、一定以上貯まったポイントを社会福祉協議会が現金に換算し、自らが指定する団体へ寄付金として還元する「ボランティアポイント制度」も実施しています。

ご利用案内

 「困りごと相談窓口」は以下の日時に開設しています。また、電話でのご相談も受け付けています。

 開設日時 @毎週水曜日 13:00〜16:00
A毎週木曜日 9:00〜12:00   
 開設場所 滝川コミュニティセンター 
 相談員 専門の相談員がご相談に応じます。 
 電話番号 専用電話 090-6675-6071(上記の時間帯のみ) 
 相談内容 日常の困りごとをご相談いただけます(秘密は厳守します)。
(例)・粗大ゴミを捨てたいけど1人ではできない
   ・電球の交換をしてほしい
   ・病院の付添いをしてほしい
   ・災害時の避難が心配
   ・ひとり暮らしで話し相手がほしい など 
 対  応  ご相談いただいた困りごとについて、相談員が一緒に解決の道を探ります。
また、ご相談の内容によっては、所管の行政機関の窓口につないだり、登録ボランティア
の派遣を行ったりします。 
 費  用  無 料

ボランティア登録について

◆ボランティアポイント制度
  「困りごと相談」で寄せられた課題や問題を解決していただける登録ボランティアを募集しています。
 また、予め「ボランティアカード」の発行を受けると、活動内容に応じてポイントが付与され、一定数のポイントが 貯まると1点につき10円の換算により、学区の実情にあわせた方法で還元されます。

◆登録ボランティア募集
  現在、ボランティアとして登録していただける方を募集しています。

  [お申し込み・お問い合せ先]
    上記相談窓口(開設時間中)又は昭和区社会福祉協議会(電話052-884-5511)まで

滝川コミュニティセンター

〒466-0827
名古屋市昭和区川名山町46-4

TEL 052-710-8621
FAX 052-833-5300


<設置>
 名古屋市
<管理・運営(指定管理者)>
 滝川学区自治協議会
 滝川コミュニティセンター運営委員会

更新年月日
令和元年9月9日